地盤調査は必要なのか?

家づくり

地盤調査をしないとどうなる?

敷地が軟弱地盤だった場合、対策を何もとらないと、住宅の重みで不同沈下が起こり、建物が傾くなど重大な事態を招きます。大地震の際に地割れや地滑りが起こるリスクも大きくなります。補強工事の費用がかかるようなら、住宅の予算を削る必要も生じてきます。また、地盤への負担を減らすために2階建てまでにとどめたり、軽い木造で建てなければならないなど、規模・構造に制約を受けることもあるのです。どんな土地でも購入前に必ず履歴を調べ、また、計画前には専門業者に地盤調査を依頼しましょう。

地盤の調査方法は、木造住宅を建てる場合はスウェーデン式サウンディング試験が一般的となっています。試験用の道具を数力所地而に貫入させて地盤の硬さを測定する方法で、費用は5万〜10万円ほどかかります。規模が大きい建物や木造以外の建物の場合は、コストが20万円前後とかかりますがボーリング標準貫入試験や、鋼板を用い沈下量を測定する平板載荷試験が適します。

近年技術が格段に進歩した表面波探査は、揺れが地面に伝わる速さで地盤の硬秋を調べる方法。敷地内の地層境界を把握できるため、のちに地盤改良を行う際に有利です。

★一条工務店「グラン・スマート」 実際の総額

タイトルとURLをコピーしました